防風通聖散の飲み方|便秘解消の効果や副作用

MENU

防風通聖散の正しい飲み方は?

肥満気味の方が良く処方せれる防風通聖散には、正しい飲み方があります。
なにごとも正しい使い方をしなければ、適切な効果を得ることが出来ませんが、防風通聖散も例外ではありません。
正しい飲み方をしなければ、思わぬ弊害が生まれることもあるのです。
では、防風通聖散の正しい飲み方とは、どのようなものなのでしょうか。
漢方というものは、おおむね食前に飲むものです。
この食前というのは、単に食事の前というわけではなく、できるだけ胃が空っぽの状態が望ましいとされます。
防風通聖散も、こうした空腹状態にある、食事の1時間前程度、もしくは食後から2時間たった頃に服用すれば、適切な薬効を得ることができます。
中でも運動の前に飲むことで、脂肪の燃焼を促進させる効果を、より高めることができるのです。
また、飲む際には、あまり冷えた水ではなく、常温のものか、白湯で飲むようにすれば、胃腸に余計な負担もかけません。
食事が不規則な人の場合は、あまり食前というのにこだわらず、毎日定期的に服用することを優先しましょう。
防風通聖散は継続的な使用が有効ですので、習慣的な服用を目指していきましょう。

 

 

ツムラの防風通聖散に副作用はある?

ツムラの防風通聖散にも副作用はあります。
漢方薬は、植物の根など自然の恩恵からできたお薬ですが、人によっては身体に合わないこともあります。
もし服用後、以下のような症状が出たら副作用の可能性があるので、早めに医師や薬剤師に相談しましょう。
服用後に皮膚に発疹や発赤、かゆみの症状はないか。
また、吐き気や嘔吐、食欲不振、胃部不快感や腹部膨満、激しい腹痛を伴う下痢や腹痛があれば副作用を疑ってみるべきです。
他にもめまいや動悸、発汗やむくみ、頭痛の症状があれば副作用の可能性が高くなります。
これらの症状が一つでも見られた場合、服用を中断して薬剤師などに相談しましょう。
薬の効果や副作用にも個人差があることを覚えておきましょう。
自然由来の原料でも、果物アレルギーや花粉症があるように、自然界のものにアレルギーを持つことは珍しくありません。
また、副作用を防ぐために大切なことがあります。
ツムラに限らず防風通聖散を服用している間は、下剤を飲んではいけません。
授乳中の方は防風通聖散を服用しないか、防風通聖散の服用を優先する場合は授乳を避けましょう。
以上のことを守って服用するようにしましょう。

 

 

便秘の解消にも防風通聖散が効果的?

多くの方が防風通聖散を服用する理由として、ダイエット効果を期待していることが多いのですが、便秘の解消にも効果が期待できます。
防風通聖散を服用すると、内臓脂肪が効率的に燃焼して、次第に体脂肪率が低くなり、中年期を迎えて気になる下腹部がすっきりとしてくるものです。
また、服用後しばらくすると便通が良くなる効果も同時に現れることが多いです。
市販されている防風通聖散の効果効能一覧には、便秘の解消と記載されていますが、多くの方がすっきりとした便通を実感するようになります。。
便秘用の専門薬として販売されていることはありませんが、ダイエットに関しては便通の良し悪しも大切なポイントとなりますので、防風通聖散はその観点からも効果的です。
なお、飲み方や量、服用される方の体質によっては、便秘の解消のみならず、下痢になる例も見られますので、服用の際には留意してください。
防風通聖散は正しく服用することによってとても優れた効果を発揮する漢方薬です。
決められた量を継続して服用することや、適度な運動、そして適切な食事管理も同時に行うことをおすすめします。

 

 

防風通聖散は処方されなくても服用できる?

実際に医師の診察を受けて、薬の処方箋をもらい薬局で入手するということが一般的ですが、防風通聖散はドラッグストアでも多くの種類が販売されています。
しかし、市販の防風通聖散では有効成分量に物足りなさを感じている人がほとんどです。
単純にダイエットを目的としたいとか、痩せるために市販薬では物足りないと言った理由で処方箋を出してもえると思っている方も多いようです。
医師にとっては診察した患者に、最も適した治療法を考え、効果が最大限に見られると判断した薬品を処方することになっています。
そのため、受診した理由がダイエットのためでは、防風通聖散の処方をもらうことは難しいかもしれません。
防風通聖散は漢方薬の中でも、比較的ハッキリとした効果が認められています。
そのために有効成分量が処方薬よりも少なめの市販薬であっても、痩せたことを実感できるケースが多いようです。
診察を希望する病院に事前に問い合わせを行い、希望している通りの診断が受けられるかどうかを確認しておくのが良いと考えられます。
当面は市販薬を服用して様子を見ることも良いでしょう。

 

 

病院で処方してもらうことは出来る?

結論から言いますと病院で医師の診察を受けて防風通聖散を処方してもらうことは可能です。
防風通聖散はドラッグストアで一般向けに市販されているポピュラーな医薬品ですが、病院で処方される防風通聖散は、市販のものよりも有効成分が多く含有されています。
そのために、市販のタイプでは物足りないという方が病院で処方を希望する例が多く見られるようです。
ただし、ダイエットを目的として「内臓脂肪を減らして痩せたいために防風通聖散を処方してください」と伝えることはおすすめしません。
あくまでも治療に必要であると、診断を受けたのちに医師の判断で処方するものですので、ダイエットのためという理由は通りにくいものです。
そのためには便秘気味であることを医師にきちんと伝えることが重要です。
防風通聖散には便通を改善する効果も認められておりますので、処方してもらえる場合が多くなります。
ただし、病院によっては漢方薬の処方に積極的ではないところも少なくありません。
事前に電話などで問い合わせるなどのリサーチを行うことをおすすめします。
また市販薬よりも強い効果が見られますので、きちんと服用量を守ることも重要です。

 

 

防風通聖散を買える場所とは?

このページでも少し触れていますが、防風通聖散を買える場所については色々あります。
とはいえ、買える場所が近くにないと困りますよね。
もしあなたがそんな状況なら、通販を利用してみてはいかがでしょうか?
防風通聖散の生漢煎はインターネットで購入することができます。
詳しくはここに載せているウェブサイトを参考にしてみてください。